戦時中 Archive

横田耕一さん講演…「天皇代替わり」にみる「天皇教」の残存

11月11日(月)に御茶ノ水クリスチャンセンターにおいて横田耕一氏(九州大学名誉教授)による講演があった。主催は政教分離侵害を監視する全国会議とNCC靖国神社問題委員会。 はじめに主催者の星野さん(キリスト教や仏教徒、弁 […]

重慶爆撃を描いた映画『エア・ストライク』

2015年にクランクインが伝えられた中国映画「大爆撃」は、重慶爆撃を取り上げた映画として、そしてハリウッド・スターが出演し、予算も巨額なものとして大きな話題を呼んでいた。それは2018年に完成し、その年10月に公開が予定 […]

鬼と桃太郎を解放しよう!

テレビを見なくなってから大分経つが、さほど不都合は感じない。ラジオをつけっぱなしにしているのでニュースなどは十分だし、不愉快な情報が入ってこないのは健康衛生上好ましい。不愉快なのはテレビを所有していないのに、「携帯を所有 […]

軍国少女を育てた、藤田嗣治の「アッツ島玉砕」

書評 ■ 『画家たちの戦争責任 藤田嗣治の「アッツ島玉砕」をとおして考える』 北村 小夜 (梨の木舎、1700円+税)  北村さんとは、今でも時々、「安倍靖国参拝違憲訴訟」や「即位・大嘗祭違憲訴訟」等で、お会いすることが […]

「戦争ができる国」づくりの意味するもの

今年も「平和を願う中央区民の戦争展」が8月10日(土)と11日(日)に月島社会教育会館で開催された。主催は実行委員会。 今回の展示は日本軍の731部隊と細菌戦がメインとなっている。なかなか見応えがあり、731部隊のことは […]

韓国への輸出規制―排外主義に傾く安倍政権

日本政府は7月1日、韓国への輸出規制を強化すると発表した。今回、規制対象となる化学製品3品目は、韓国の基幹産業である半導体やスマートフォンのディスプレー製造に欠かせないものである。菅官房長官は「安全保障が目的であり、対抗 […]

韓国が「元徴用工問題」提案―日本政府拒否、運動体も批判

韓国の強制動員被害者訴訟=「韓国徴用工問題」について、6月19日に韓国政府は、日韓企業が出資して原告に慰謝料相当額を支払う案を日本側に提示したと発表した。日本政府・河野太郎外相は「受け入れられない」と一蹴した。2018年 […]

「従軍慰安婦」論争に分け入って…ドキュメンタリー映画『主戦場』

従軍慰安婦問題をめぐる論争をテーマにしたドキュメンタリー映画『主戦場』が、4月から渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開され、またいくつかのミニシアターでも上映されて大きな話題となっている。 この映画は、日系アメリカ人 […]

上野誠の版画と戦争責任

戦時中の画壇の状況と上野誠 東京国立近代美術館には153点の「戦争記録画」が収蔵されている。2007年に発行された「戦争と美術」のその大半の画像が収録されているので見ることができる。これらの絵を見れば戦争中日本の画家が雪 […]

強制徴用被害者たちが当該の日本企業資産を差し押さえに

5月1日、日本製鉄(現新日鉄住金)および不二越の強制動員被害者代理人団は「新日鉄住金が所有したPNR社の株式19万4794株(額面価基準9億7400万ウォン)の売却命令の申請を大邱(テグ)地裁浦項(ポハン)支院に、不二越 […]