裁判 Archive

「独裁政治」の躍動が始まった

  ―行政権力の独裁権力化の形成と権力分立制の抹殺 Ⅰ 今、私達が認識しなければならないことは、安倍晋三内閣総理大臣によって、国家の政治が、日本国憲法に基づく「民主政治」から、自由民主党「日本国憲法改正草案」*1)に基づ […]

「日の丸・君が代」強制は人権侵害である

コロナウイルス対策で集会やイベントの中止・自粛が拡がり、安倍首相が27日に突然「全国小中高一斉休校」を要請するなか、3月1日(日)日比谷図書文化館千代田コンベンションホールにて、「日の丸・君が代」ILO/ユネスコ勧告実施 […]

韓国人靖国無断合祀・軍人軍属強制動員問題の解決を

1月20日(月)ノー!ハプサ第2次訴訟審の第1回口頭弁論が東京高裁101号法定でおこなわれた。その後18時半より港勤労福祉会館で「韓国人靖国無断合祀・軍人軍属強制動員問題の解決を!1.20集会」が開かれ、原告からのあいさ […]

問われ続ける靖国神社

2019年12月23日に東京地裁は、中国人の作家である胡大平被告(54)に対して、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑懲役1年2月)の判決を言い渡した。裁判となった事由は、その年の8月19日午後、東京千代田区の靖国神社の拝殿 […]

島から語る「大久野島と毒ガス戦」

12月13日~15日の3日間に「過去からいま未来へつなぐ―731部隊・毒ガス戦・核兵器を考える―」と題したパネル展と映画会、講演会がなかのゼロで開催された。主催はABC企画委員会。原発、核(アトミック:A)、細菌戦・生物 […]

賃金未払いを訴えた韓国の人びと…徴用工裁判の歩み

2018年11月30日に韓国大法院(最高裁)が強制労働(徴用工)被害者への賠償を日本企業に命じた判決から1年を迎えるが、それに合わせたかのように24日、毎日放送で MBSドキュメンタリー<映像’19「ぶつかりあう日韓~徴 […]

布靴を並べて中国人強制動員犠牲者を追悼

11月19日(火)東京・芝公園23号地において「遺骨発掘70周年記念 中国人俘虜洵難者日中合同追悼の集い」が開催された。中国から遺族・幸存者・宗教者らも来日して参加した。日本政府の『外務省報告書』によれば、第二次大戦末期 […]

横田耕一さん講演…「天皇代替わり」にみる「天皇教」の残存

11月11日(月)に御茶ノ水クリスチャンセンターにおいて横田耕一氏(九州大学名誉教授)による講演があった。主催は政教分離侵害を監視する全国会議とNCC靖国神社問題委員会。 はじめに主催者の星野さん(キリスト教や仏教徒、弁 […]

琉球人は訴える「遺骨返還は主体回復の運動である」

9月28日(土)に「琉球人遺骨返還請求訴訟を支える会/関東」結成の集いが、水道橋のYMCAアジア青少年センターで開かれ80名が参加した。裁判支援の組織はこれまで沖縄、大阪、奈良、滋賀で結成されている。集会は最初に遺骨返還 […]

映画『東京裁判』感想記  

      8月半ば、渋谷・道玄坂で映画『東京裁判』を観た。11時から4時半頃までの長丁場らしいが、若い時に徹夜で観た『人間の条件』に比べれば、と意気込んで入る。狭い会場ではあったが、ほぼ満席。若い人が多く、中高年も混じ […]