評論 Archive

NATO首脳会議に出席予定の岸田文雄首相への公開質問状

岸田文雄首相は6月26日、羽田からG7サミットに参加するため政府専用機で出発した。6月29日に日米韓3カ国の首脳会談に参加したのち、日本の首相として初めて欧米の軍事同盟、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に参加する。 […]

防衛費増額をバイデンに約束!侵略戦争を進める岸田・バイデン日米首脳会談

岸田首相は5月23日、米国のバイデン大統領と日米首脳会談をおこなった。共同会見ではバイデン大統領が、台湾有事が勃発すれば軍事関与する意志を明言した。その後にオースティン国防長官から米国の戦略転換はないと修正されたが、米国 […]

沖縄復帰50年 沖縄の現在(いま)を考える

2022年は沖縄が日本に復帰して50年で、それについてのイベントなどが数多く開催されている。練馬の区民・産業プラザ研修室1にて5月28日(土) 19時から「沖縄復帰50年 沖縄の現在(いま)を考える」という講演会が開かれ […]

米中戦争に参戦を強いる「21世紀日米同盟」体制

【「岸田改憲」来襲・2】 「米中戦争」に参戦を強いる「21世紀日米同盟」体制 ロシア連邦のウラジーミル・プーチン大統領政権は、2022年2月24日、「ウクライナ侵略戦争」を起こした。民家や学校や病院や劇場や原子力発電施設 […]

統制下における反戦:表現・言論活動―広島を中心に

4月16日(土)午後1時30分より図書館九条の会の学習会が「マスコミへの圧力と表現の自由」と題して中央区新川にある日本図書館協会研修室で開かれた。主催は図書館九条の会。集会は武蔵大学社会学部教授で元NHKで映像ドキュメン […]

消せない記憶―佐渡金山の朝鮮人労働者

日本政府は2月に新潟県の佐渡金山をユネスコの世界文化遺産登録に推薦した。韓国政府などから「強制労働の被害」の現場であると批判されて、一時は取りやめの検討されたが、自民党内部で求める声もあり推薦に転じた。3月28日には佐渡 […]

最後の日本兵は台湾人だった!―戻らない日本兵

当初は映画『ONODA 一万夜を越えて』(2021年10月公開)を観て映画評を書くつもりだった。事前情報で原作がべルナール・サンドロン、ジェラール・チェヌ共著の『ONODA 30年間密林で一人戦争』(1974年)だと知り […]

「岸田改憲」来襲・1 ハトからタカへ「改憲」の陣立て

【連載】 2021年9月29日に第27代自由民主党総裁に就任し、10月4日に内閣総理大臣に就任した岸田文雄氏は、「軽装備・経済重視」の派閥「宏池会」の出身を利用し、「ハト派」のふりをして、「タカ派」の政治である「改憲」に […]

マチズモの風見鶏:戦後日本の社会と石原慎太郎

石原慎太郎元都知事(以下石原)が2022年2月1日に亡くなった、そもそもあまり文章を書く意欲が沸かない人物であり、結果として評価することになるのでは、とその気はなかったが、マスメディアが「賛美報道」を流しており、まさにフ […]

2.11を祝わない!民衆文化を見直そう

2月11日の「建国記念の日」に「2・11反『紀元節集会』&デモ」が行われた。文京区役所地下にある「アカデミー文京・リクリエーションホール」で13時半から集会が開かれ、96名が参加した。 主催はアジア連帯講座、反安保実行委 […]